現在までのところを仮組みしてみました。

てんこちゃんが言う
「総天然風(ナチュラルテイスト)トロフィー」
ってこんな感じだよね?

けっこういい感じだと思うんじゃけど…

と言われて金色に塗ることにしました。
【試し塗り】
担当編集さんが「プラモデルのテクで確かプラスチックに簡単にメッキできるワザがあったハズ…」と言うのでネットでいろいろ調べてみましたが、バイクや車のパーツをメッキする本格的なものしか見つけられず断念。
塗料で塗ることにしたんじゃけど…
金色を金ピカに塗るのって結構難しいよね。
どっちかと言うと金色じゃなくてツヤのある黄土色とかになっちゃう。
トロフィーのあの安っぽくも見える金色を出すにはどんな塗料がいいのか?
ガンプラに詳しい友人に聞いたりして、取りあえずこんだけ買ってみました。

茶色の缶スプレーは置いといて、
メッキ調スプレー¥1,400
Mr.カラー スーパーメタリック ¥445
うすめ液 ¥665(写真のものとリンクのものとはちょっと違います)
ゴールドミラーフィニッシュ ¥1,200
染めQ(キンキラ金)¥740
合計¥4,450!!高っ!
これでもだいぶ吟味して選んでみたんじゃけどね〜
このなかで一番金キラなのはゴールドミラーフィニッシュ
プラモのパーツをメッキ調にするためのシールなんじゃけど、
「立体に貼付けるのはかなり難しい」と言う店員さんの話。
しかもこの面積だと最低4枚は必要。
「安く!見た目なかなかのもの」を目指すホムてんのポリシーで、
色付けだけのために¥4,800も使うわけにはいきません。
で、とりあえずメッキ調スプレーを試してみることに…
…が…

う〜〜ん…

木目全開じゃん!!
【木目つぶし】
困ったとだはアドバイザーさっく〜に問い合わせ。
そこでわけてもらったのがコレ

塗装の下地に使うパテ
水に混ぜて表面に塗り付けると
木目をある程度隠すことができます。

きなこみたい
塗り付けます!
土台にも塗り付けます!

ボコボコです!!
一生懸命サンドペーパーで磨きます。
土台も磨きます。
あのガタガタだった土台がこんなにきれいに!!(>▽<)
【塗装】
いよいよ塗装本番です。
しかし、イマイチ金色塗装に迷いのあったとだは
夏休みの工作」の回でもお世話になった
造形教室 工房なあるさんにもアドバイスをもらいに行きました。

工房なあるでも長年ゴールドには頭を悩ませたそうで、
いろいろ試した結果写真一番右のスーパーメタル

が一番のオススメだそうです。

これのよいところは
1.重ね塗りしなくてもキレイに塗れる
2.初心者でも塗りムラが全然できない
3.なかなかのゴールド

と言うことでなあるイチオシだったんですが…
輸入品と言うことで、近所のお店では入手できなかったし、
原稿と平行して作ってたので遠くまで買い出しにも行けないし、
何よりこれ以上予算を割くわけにはいかない!と言う
やむを得ない事情のためあきらめました(T_T)
かわりに聞いたよい情報。
べんがらを下地に塗ると
金色の発色がよくなる
のだそうです。
これは日本伝統の蒔絵に用いる手法だとかで、
これをやると金色に深みがでるそうです。


しかし…べんがらって何!?
何かレンガ色みたいな色だそうで、たまたまお土産で持って行ったコージーコーナーの箱がそんな色だったので、試しにそこにスプレーすると、確かに発色がいい気がしました。
と言うわけで、これで塗ることにしました。

べんがら色のスプレーはなさそうだったので、
よくある普通の茶色です。(小さい缶なら¥300くらい)
塗ります!
土台は黒なのでそのまま塗ります!
こんな風になりました。
そしてゴールドを塗ります!

下地を塗っておくと、多少塗りムラができても、見えるのは茶色なので、逆に立体的に見えるようにごまかせると言うメリットもあります。

シルバーの下地にを塗るのはプラモ作る人の間では常識のようです。
塗装完了〜〜!!

うんまぁそこそこトロフィーっぽい色になったんじゃないっスか?



と言うことで本体パーツは
色塗りまで完成〜
次は金属加工です。
最初のページへもどる
前のページへもどる
一番上にもどる
金属加工ページにGO!